田原城跡  田原市田原町巴江11-1 このページを印刷
田原城 は、文明12年(1480)頃、戸田宗光 によって築城。 当時は周りを海に囲まれ、湾の形が巴形になっていたところから ”巴江城” とも呼ばれている。
戸田宗光は、明応2年(1493)渥美半島の統一を図った後、豊橋市の 二連木城 を築き、田原城は長男の戸田憲光に委ねて、仁連木城に移る。
その後、寛文4年(1664) 三宅康勝 が12000石で拝領し、以来三宅家の居城として明治維新を迎えている。
東三河の城跡 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)秋の大手門

(2)夏の大手門

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ