長養院のサルスベリ  北設楽郡東栄町大字下田字平野7
長養院は曹洞宗の寺院で、山号は喜運山、本尊は聖観世音菩薩、釈迦牟尼仏。
境内に「底なしの池」があり、「 薬になった水」の民話が残されている。
参道入口のすぐ左手に、大きなサルスベリ(百日紅)の木がある。 幹はかなり太く逞しいが、樹高や樹齢等は分からない。
これでは猿も滑らずに容易に登れそうだ・・・・
また、参道の右手前には ヤマザクラ の老木があり、4月の上旬には花を咲かせるようだ・・・
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
  【 2011年08月24日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ