武田準平石碑     豊川市国府町
天保9年(1838)11月24日、山吉田村(現新城市)の医師の家に生まれ、15歳から江戸で医学の修業をして、安政6年(1859年)に郷里三河(愛知県)で開業。
明治12年(1879年)には県議会に当選、初代議長となる。 国会開設の建白書を元老院に提出したり、明治14年(1881年)の宝飯中学校設立に尽くしたが、明治15年(1882年)1月2日、刺客におそわれて死去、享年45歳。
昭和3年(1928年)、国府の村人が翁の徳を慕って弘法山山頂の見晴らしの良い所に、高さ4.4mの碑を建てたが、後に、この場所に市の施設・サン・シティーが建てられ、翁の石碑は現在の場所に移された。 その後、サン・シティーは取り壊されている・・・・・ 
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年01月23日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5) 狛犬が赤茶色に変色している

(6)

(7)

(8)

(9) 国府夏祭りで手筒花火の炎が直接狛犬に当てられるためだと言う

(10) 輪くぐり神事

(11) 国府祭り

(12) 御神木のクスの巨木

(13)

(14)

(15) 彼岸花

(16) イチョウの黄葉も楽しめる

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ