弘法山公園  豊川市国府町岡本78-2
山頂からは、市内はもとより遠くアルプス、波静かな三河湾を望むことができ、園内にはナイター設備のある野球場、テニス場や散策道が整備され、春になるとツツジの花 やサツキの花 を、秋には 紅葉 を楽しむことができる。
弘法山の入口には、安永元年(1772) 田沼意次( おきつぐ ) が老中に昇格し、国府村、森村等を治めた時、「従是北、相良領」という田沼領(相良藩)を示す傍示石があり、北の境界にあたる「従是南、相良領」の傍示石は 高膳寺 にある。
弘法山の変貌はここをクリック
田沼意次 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 

展望台

展望台から国府の町並みを望む

 

田沼領を示す傍示石

初日の出を拝む

富士山を望む

秋葉神社

弘法堂

初夏には、ツツジや

サツキが楽しめる

秋には紅葉も楽しめる

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ