座王神社  豊川市御津町金野青木35
創立は天明元年(1781)といわれ、祭神は国常立尊(くにとこたちのみこと)。
県道368号豊川蒲郡線を御津から蒲郡に向かって進むと、右側のチョッと高い石垣の上に鳥居が見える。
境内には天押雲命(あめのおしくものみこと)を祭神とする寒佐神社がある。
神社入り口の北角、県道368号豊川蒲郡線沿いに 共有山分割記念碑 がある。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年09月14日撮影 】

(1) 

(2) 

(3)

(4) 寒佐神社

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ