久保古墳    豊川市久保町社地
久保神社 の北、国府東部市民館の前にあり、古墳時代後期(約1,400年前)の群集墳の一つと考えられている。
現在はこの久保古墳一基のみだが、以前は複数の古墳があったという。 墳丘は径 20m、高さ2.5mで、墳頂には横穴式石室の天井石が露出しているので、横穴式石室をもつ古墳と考えられている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年01月14日更新 】

(1)県道5号線(姫街道)から望む。左の建物が、国府東部市民館

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)3月第4土曜日には、御塚山祭 が行われる

(8)久保神社社務所入口の石は、久保古墳の墳石だという

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ