芭蕉の句碑    豊川市八幡町 昭和51年10月30日  市指定史跡
寛保3年(1743年)10月、芭蕉50回忌の際に国府の俳人米林下(べいりんげ)(小沢才二)が寛保3年(1743)に建てたもので、現在東三河に残る句碑では一番古いもの。 

                  かげろふの 我が肩に立 紙子哉(かみこかな)

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
  
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ