槍出城址     豊川市東上町白楽8 このページを印刷
わくぐり神社 の西、田圃の中にポツンとある小高い丘の上に槍出城があったという。
城主は大隅鞍武と云う武将だった事が、一宮町むか志ばなし(一宮町若返大学発行)に記載されているのみで、詳しいことは分らない。
丘の南西角に登り口があり、ここを入るとすぐに右に登って行く狭い道がある。その先は踏み跡を頼りに進むが、丘の上は平坦地が広がるのみで、遺構らしきものは確認できない。
東三河の城跡 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年02月24日撮影 】

(1)西側から槍出城址を望む

(2)西南角のここから入る

(3)右の坂を上って行く

(4)矢印の方向に、踏み跡を頼りに丘の頂を目指す

(5)

(6)

(7)掘割か?

(8)数分で丘の上に達するが・・・

(9)上は平坦地で・・・

(10)遺構らしきものは見当たらない

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ