大通寺・西沢池      豊川市御油町西沢5 このページを印刷
曹洞宗の寺院で、山号は万松山、本尊は薬師如来。
御油神社 の参道の西側にあり、道路を挟んだ南側には西沢池があって、昔、この池のかたわらに、お地蔵様が祀ってあったという。
「昔、このあたり淋しい所なので、この地蔵さんが、通りがかりの人を呼ぶ。「おーい、おーい」 その声に、おどろいたり、つられたりして、人がよく池へはまって死ぬ。そういう噂が次第に高くなったので、とうとうこの地蔵さん、今では新町の東林寺門の横へ移された」・・・
と云う「人呼び地蔵」の伝説がある。―  愛知県伝説集 より ―
東三河の寺院  東三河の伝説 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年01月14日撮影 】

(1)西沢池

(2)

(3)池の北側の道路の、ここを入る。

(4)すぐ突当りを左折。 右へ行くと御油神社参道の石段。

(5)正面にお堂が見える

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ