大野橋  新城市富栄橋爪
国道151号を北上して行くと、三河大野駅前で直角に右カーブして宇連川を渡る。 ここに架かる橋が大野橋で、大正12年(1923年)2月1日三河大野駅 ができた時に新しく架けられたもの。それまでは、ここより上流にあった橋爪橋を利用していたという。
橋の欄干には「三輪川」の銘板があり、道路上の標識は「字連川」となっているが、これは、昭和41年(1966年)に改称されたという。
現在の橋は昭和30年(1955年)に架け替えられたもので、旧橋の親柱は、東陽小学校のグラウンド横の駐車場入り口に移設保存されている。
東三河の橋 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2019年01月02日撮影 】

(1)三河大野駅から大野の街中に向かう

(2)

(3)

(4)大野の街中から三河大野駅に向かう

(5)

(6)

(7)橋には「三輪川」

(8)標識には「宇連川」。昭和41年に改称されたという。

(9)橋の上から上流を望む

(10)橋の上から下流下を望む

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ