般若寺・空道和尚の墓  新城市大宮字清水25
臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は蔵春山。 背後の山中には空道和尚の墓がある。
空道和尚は、正徳年間(1711〜1715)竹広の農家の子として生まれ、鈴木仙之助と名乗って設楽領主・旗本設楽弾正に仕えたが、享保16年(1731)に仏門に入り空道と名乗る。
絵画や彫刻の造形に深く、勝楽寺 の魚板、石座神社 の神馬、信玄塚 の閻魔大王像など多数の仏像を刻み、安永元年(1772)9月18日、寺の裏山の地中に一室を作り竹筒で空気孔をつけて、その中で念仏を唱えながら亡くなったという。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年01月13日撮影 】

(1) 遠景

(2)

(3)

(4)

(5) 般若寺から10m程先へ行くと・・・・

(6) 左に入る細い道がある。

(7)  ここを上って・・・・

(8)   この先を右に曲ると・・・・

(9)  前方に墓らしきものが見えてくる。

(10)

(11)

(12)  空道の墓

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ