11等級 萩原神社・赤根の獅子舞神楽  4月第4土・日曜日   豊川市御津町赤根仲田1番地
祭神は萩原左衛門尉芳信、素盞嗚命、菅原道真で、例祭日は4月第4日曜日。
御堂山の山頂 丹野城 主萩原芳信卿が部下の反逆に遭い自害し、不運な最期をとげた萩原氏の霊を悼み、その夫人が容姿を変え当神社を参詣されたことを知った赤根の人が弘化元年(1844)に渥美郡田原の師匠から習得したこの舞を奉納したのが始まりという。 1970年3月19日 豊川市有形民俗文化財
 午前9時頃、子供獅子舞神楽が新幹線ガード下を出発、道を歩きながら笛と太鼓に合わせて踊り、萩原神社に入る。  午後1時には法住寺前から子供神輿が出発して神社に到着。 その後、獅子舞神楽の奉納、餅投げが行われて行事は終了する。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年04月28日撮影 】

(1)萩原神社

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)写真をクリックすると拡大表示されます

(10)日曜日の午前9時頃、街中を練り歩いて神社に向かう

(11)

(12)

(13)

(14)午後1時に法住寺を出発した子供神輿が到着

(15)

(16)

(17)本殿前で獅子舞神楽が奉納される

(18)

(19)

(20)

(21)

(22)

(23)子供対象の餅投げが行われ・・・・

(24)

(25) 大人対象の餅投げで終了

(26)祭神・萩原左衛門尉芳信の丹野城

(27)萩原芳信が自刃した備後塚

(28)萩原芳信の墓、西の宮

(29)萩原芳信の息女が自害した姫塚

(30)萩原芳信の位牌は蒲郡市大塚の長興寺 にある。
 

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ