鈴木屋敷・旧今泉医院   豊川市御津町御馬西37
三河(現在の豊田市)の寺部城主で、山本勘助 に兵法を授けていたという鈴木日向守重教(しげのり)の末裔・鈴木忠兵衛 の屋敷跡で、幕末には三河一の身上だったという。 鈴木忠兵衛の墓は、ここから南に200m程の所にある 本光寺 にある。
そして、この屋敷跡に建てられた旧今泉医院は昭和初期の建物で、平成16年(2004年)3月29日、診療棟、手洗い場、病室棟が 国登録文化財 に指定されている。 
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2010年2月17日撮影 】

(1)

(2)

(3) 病室棟 : 診療棟に接して建ち、6畳の病室3室を持つ。
 
 

(4) 手洗い場 : 診療所入口の左手にある。
当時の地方の病院によく設けられていたもので、患者が病院に入る前に手を洗う。

(5) これは、厠(トイレ)の跡か? 今は取り払われている。

(6) これも今は無い。

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ